パクノスケが気になったニュースを ジャンルを問わず関西弁で書きまくり中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
        < 紅白曲がオリコン史上初のトップ3独占

なんか昨日に続いてNHKネタになってまうけど
別に公共放送の回しもんとちゃうから誤解せんとってな(笑)

オリコンの週間シングルランキング(12月24日~1月6日)が発表されてんけど
なんとNHKの紅白歌合戦で歌われた曲が、オリコン史上初のトップ3独占を果たしてん
肝心の視聴率はあんまり良くなかったようやけど、CD売上には大きな効果があったんやね~

ちなみに1位はSMAPの「弾丸ファイター」(3週連続1位)で
2位はすぎもとまさとさんの「吾亦紅」が前週の6位からランクアップ
3位にはあの秋川雅史さんの「千の風になって」が、45週ぶりにトップ3に返り咲いたんやから
これにはほんまビックリやわ(しかしこの曲めっちゃ息が長いよな)

トップ3以外でも馬場俊英さんの「スタートライン~新しい風」が141位から40位
中村中さんの「友だちの詩」が144位から63位、コブクロの「蕾」も46位から15位に
再浮上など、紅白歌合戦の歌唱曲が軒並みランクアップしてるから驚きやで

紅白で歌われた曲は、だいたいオリコンランキングが上がるみたいやねんけど
ここまでランクアップしたりトップ3を独占するなんて、視聴率を考えたらオリコン
ちょっと意外やったみたいやで
演歌系の歌手なんて”紅白に出るか出ないかで、今年1年の仕事量が決まる”
みたいな事をいわれてるもんな~(あくまでウワサやで)
やっぱり紅白歌合戦って、まだまだ影響力が大きいんやろか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。