FC2ブログ


パクノスケが気になったニュースを ジャンルを問わず関西弁で書きまくり中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
      < 今後の状況によっては引退も 米国で初会見

今日は新聞休刊日やね
パクノスケは毎日朝刊を読みながら、朝飯を食べるのが日課なんで何か変やわ
ところで新聞が自宅にまで配達されるのは、日本ぐらいやて知ってた?
あまりにも当たり前みたいになってて、あんまり気にしてないけど
新聞配達ってホンマ大変みたいやで
それでなくても休みが少ないのに、月に1日ぐらいガマンせんとな
近くのコンビニで、店売りのスポーツ紙でも買ってくるわ

ところで中国チベットでの騒乱は、その後どうなってるんやろ?
一応中国当局が鎮圧して、表面上は収まってるような感じやけど
なんせ入ってくる情報が少なすぎるもんな~(中国の報道規制)
チベット自治区はどんな状態なのか、まったくわからへんよな
聖火リレーへの妨害騒ぎは、世界中でエライ事になってるし・・・

そんな中アメリカを訪問してる、チベット仏教の最高指導者
ダライ・ラマ14世が、滞在先のシアトルで会見したみたいやね
チベット騒乱についてダライ・ラマ14世
「暴力が制御できなくなれば、私の持つ選択肢は辞任だけだ」と語って
今後の状況によっては、引退することも辞さない考えを強調したようや
中国側が”ダライ・ラマ14世は独立を画策している”と主張している事に関しては
「私がチベットの独立や分離を求めていないことは全世界が分かっている」と
あらためて否定したらしいで
あくまで中国という国の中で自治権を確立するため
中国当局との対話を求めてるんやろね(表向きかも知れんけど)

チベット問題は今回の騒乱で国際的な人権問題として、世界中で注目されるように
なったけど、ダライ・ラマ14世の立場は、なかなか厳しいのとちゃうやろか
確かに国際世論はチベット寄りやし、北京五輪開会式をボイコットして中国に
抗議の姿勢をみせる国も出てきてるんやけど、それでこの問題が解決するとは
パクノスケはどう考えても思われへんねん・・・
チベット人の中には(特に若い世代)、ダライ・ラマ14世はチベット仏教の
最高指導者であり崇拝はするけれど、政治的な指図までは受けない的な考えが
広まっているんとちゃうかな
そやからいくらダライ・ラマ14世が辞任をちらつかせて、暴徒を戒めようとしても
根底にくすぶる中国(漢民族)に対する不満と怒りは、まず納められへんと思うわ

ほなどうしたら良いのか?
一番良いのはチベットが独立する事やけど、100%無理やと思うから
ここは中国が折れて、”完全なる自治権”と”信仰言論の自由”を認めるしかないやろね
そのかわりダライ・ラマ14世もチベット自治区に戻り
一命を落としてでも、一部暴徒を押さえ込まんとアカンけどな
中国もこれからの世界を引っ張っていく”国際先進大国”になるんやったら
いつまでも”統制と弾圧で治める国家”じゃな~
北京五輪が行われる今こそ、世界的評価を高めるチャンスやと思うで!
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。