FC2ブログ


パクノスケが気になったニュースを ジャンルを問わず関西弁で書きまくり中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
     < 家庭用ゲーム機の好調に支えられ 資産総額78億ドル

1週間ぶりの更新や~
ホンマ週刊誌みたいなブログになってしもたけど、これからも頑張るで!
みなさん、GWはどうやった?
関西は5日以外まあまあ天気にも恵まれたんで
近場の行楽地はどこも人だらけやったようや
パクノスケはどうしてたかって?
GWも関係なく仕事やったから、どこも行ってへんねん・・・
マァどこ行っても混んでる時に、あえて行こうとも思わんけどな
(ちょっと負け惜しみも入ってる)

我々庶民は毎日アクセス働いて、GWや盆正月の休みを楽しみにしながら
チマチマと稼いでいるようなもんやけど、世の中には訳わからんぐらい儲けてる人も
結構おるんやもんな
昨日(8日)アメリカの経済誌フォーブス(電子版)が、「日本の富豪40人」っていうのを
発表したんやけど、トップはだれでどれぐらい稼いでると思う?

この記事のタイトルとサブタイトルに書いてるから、スグわかったと思うけど
日本の富豪トップになったのは、任天堂の山内溥相談役や
今回初めてトップになったらしいけど、資産総額はなんと78億ドル(約8100億円)やて!
パクノスケが一生汗水たらして働いても、100分の1も稼がれへんわ・・・
やっぱ家庭用ゲーム機の「Wii(ウィー)」が、めっちゃ売れてるからやろね
この1年間で30億ドルも資産が増えたらしいで
恐るべし「Wii(ウィー)」&任天堂

ちなみにベスト5は、2位が去年トップやった森トラストの森章社長(77億ドル)で
以下3位SANKYOの毒島邦雄取締役相談役、4位サントリーの佐治信忠社長
5位ソフトバンクの孫正義社長という、名だたるメンツが勢揃いっていう感じや
ベスト40入りしてる中での最年少は、あのミクシィの笠原健治社長(37位)で
32歳でのランク入りや!
パクノスケより10以上も若いやんか(かなり落ち込むわ)
やっぱIT系で成功したら、メッチャ儲かるんやろな~

それにしても今回1位になった任天堂は、路線変更して大正解やったね
昔の任天堂いうたら、トランプか花札やったのに(笑)
ファミコンに始まり現在絶好調の「Wii(ウィー)」まで、一貫して家族みんなで
楽しめる事を大前提に、ゲーム機にしろソフトにしろ開発してるのが
成功の要因やろな(パクノスケも Wii が欲しいねん)
これからも任天堂の路線がブレない限り、まだまだ成長するような気がするわ
 
スポンサーサイト
 
      < 今後の状況によっては引退も 米国で初会見

今日は新聞休刊日やね
パクノスケは毎日朝刊を読みながら、朝飯を食べるのが日課なんで何か変やわ
ところで新聞が自宅にまで配達されるのは、日本ぐらいやて知ってた?
あまりにも当たり前みたいになってて、あんまり気にしてないけど
新聞配達ってホンマ大変みたいやで
それでなくても休みが少ないのに、月に1日ぐらいガマンせんとな
近くのコンビニで、店売りのスポーツ紙でも買ってくるわ

ところで中国チベットでの騒乱は、その後どうなってるんやろ?
一応中国当局が鎮圧して、表面上は収まってるような感じやけど
なんせ入ってくる情報が少なすぎるもんな~(中国の報道規制)
チベット自治区はどんな状態なのか、まったくわからへんよな
聖火リレーへの妨害騒ぎは、世界中でエライ事になってるし・・・

そんな中アメリカを訪問してる、チベット仏教の最高指導者
ダライ・ラマ14世が、滞在先のシアトルで会見したみたいやね
チベット騒乱についてダライ・ラマ14世
「暴力が制御できなくなれば、私の持つ選択肢は辞任だけだ」と語って
今後の状況によっては、引退することも辞さない考えを強調したようや
中国側が”ダライ・ラマ14世は独立を画策している”と主張している事に関しては
「私がチベットの独立や分離を求めていないことは全世界が分かっている」と
あらためて否定したらしいで
あくまで中国という国の中で自治権を確立するため
中国当局との対話を求めてるんやろね(表向きかも知れんけど)

チベット問題は今回の騒乱で国際的な人権問題として、世界中で注目されるように
なったけど、ダライ・ラマ14世の立場は、なかなか厳しいのとちゃうやろか
確かに国際世論はチベット寄りやし、北京五輪開会式をボイコットして中国に
抗議の姿勢をみせる国も出てきてるんやけど、それでこの問題が解決するとは
パクノスケはどう考えても思われへんねん・・・
チベット人の中には(特に若い世代)、ダライ・ラマ14世はチベット仏教の
最高指導者であり崇拝はするけれど、政治的な指図までは受けない的な考えが
広まっているんとちゃうかな
そやからいくらダライ・ラマ14世が辞任をちらつかせて、暴徒を戒めようとしても
根底にくすぶる中国(漢民族)に対する不満と怒りは、まず納められへんと思うわ

ほなどうしたら良いのか?
一番良いのはチベットが独立する事やけど、100%無理やと思うから
ここは中国が折れて、”完全なる自治権”と”信仰言論の自由”を認めるしかないやろね
そのかわりダライ・ラマ14世もチベット自治区に戻り
一命を落としてでも、一部暴徒を押さえ込まんとアカンけどな
中国もこれからの世界を引っ張っていく”国際先進大国”になるんやったら
いつまでも”統制と弾圧で治める国家”じゃな~
北京五輪が行われる今こそ、世界的評価を高めるチャンスやと思うで!
 
 
    < チベット暴動に対する中国の対応に抗議の辞退

4月に入ったけど、なんとなくスッキリしない天気が続いてるよね
昨日(1日)は北海道や東北の方では、大荒れの天気やったみたいやし
なかなか春らしいポカポカした陽気になってくれへんな・・・
はよ公園とかを、薄着でブラブラしたいわ~

話は変わるけど、中国で起きたチベット暴動の余波で
北京五輪の雲行きが、いよいよ怪しくなってきたようやな
インドでは、聖火リレーの走者を務めることになっていた選手が
チベット暴動での中国の対応に抗議して、走者を辞退すると発表したで
辞退の理由は、「チベットの人々と大義に連帯を示すため」らしいわ
聖火リレーに選ばれていた選手は、チベット自治区に接するインド北東部
シッキム州の出身らしいんで、やっぱチベットと関係が深いよな(もちろん仏教徒)

ギリシャで聖火リレーがスタートする時に、式典を妨害した”国境なき記者団”は
イギリスやフランスに聖火リレーがきた時も、抗議活動を行うと予告してるもんな
ヨーロッパでは開会式をボイコットする国も出てきてるし
北京五輪はいったいどうなるんやろ・・・

昔からオリンピックと国際政治は、密接に関係してるからな~
過去にもモスクワ五輪を、アメリカや日本がボイコットした事もあったよな
少なくとも中国がチベット問題を今のままのような状態で
ウヤムヤのうちに終わらせようとする限り、何も解決せんやろね
開会式をボイコットする国は増えるやろし、参加自体を取り止める国も出てくると思うわ
そうなったら国の威信を懸けて北京五輪を誘致した
中国首脳の面目は丸つぶれになるで!

かといってチベットで起きている真実を、すべて公開する事もできんやろね
そんな事したら、国際社会から痛烈な非難を浴びる事は間違いないやろから・・・
中国政府は北京五輪を無事に開催できるか、まさに正念場ちゃうやろか
前にもこのブログに書いたけど、パクノスケは
そもそも中国でオリンピックを開催するなんて、あまりにも時期尚早やったと思うで
国際五輪委員会も、”しまった!やっぱり北京にするんじゃなかった”って
今ごろ思ってるんとちゃうやろか(笑)
 
 
       < 高級レストランで爆発 1人死亡12人が負傷

このところホンマ暖かい日が続いているよね
寒いのが苦手のパクノスケにとっては、ありがたいことやねんけど
平年よりかなり気温が高くて、4月中旬から下旬なみやもんな~
さくらの開花予想日も早まりそうやで(関西では3月末ぐらいになるかな)
このまま暖かいまま春になるんやろか???
急にまた寒くなるのもかなわんよね・・・

なんかノンビリしたような事を書いたけど、ここ数日海外では大変な事が起こってるよね
中国のチベット自治区では騒乱状態になってるし
パキスタンではまたまた爆弾テロやで
今度は日本人も巻き添えを食って、負傷者が出たよな

今回の爆弾テロは昨日(15日)の夜、パキスタンの首都イスラマバード中心部にある
高級イタリア料理店で爆発が起こり、米国大使館勤務のトルコ人女性看護師が死亡
少なくとも12人が負傷したようや
現地の日本大使館によると、食事中だった共同通信の記者2人が
顔などにけがをしたみたい

負傷者のうち7人はアメリカ当局者だったらしいから
これは明らかにアメリカに対する爆弾テロ攻撃やね・・・
この店は外交官とか首都在留の外国人らに人気で、夜はいつも混雑するんで
多くの外国人が被害に遭ってしまったようや
パキスタンではイスラム過激派による爆弾テロが急増してて
軍などの政府機関が標的にされる事が多いねんけど
今回は完全に外国人(特にアメリカ人)を標的にした爆弾テロやで!(恐ろしいわ)

しかしイスラム過激派の爆弾テロに対する有効な手立てがないもんやね~
ビンラディンはどこに潜伏してるんやろ?
このままやったら、また大きな無差別テロが起こるかもわからんで
アメリカ国内はかなり厳戒態勢やろから、むしろ他国で起こるんとちゃうかな
パキスタンやインドネシアとかだけじゃなく、日本も危ないで!
なんせ我が国の危機管理はゼロに等しいからな~
早急にテロ対策の立て直しが必要やで
 
 
        < 総選挙勝利で前倒し 1年5ヶ月ぶりの帰国

今季は久しぶりに冬らしい天気の日が多いんで
寒~いのは苦手なパクノスケにとっては、つらい毎日やわ(ちょっと大げさかな)
こんな時はやっぱり暖かいところへ行きたいよね~
前にも言うたと思うねんけど、パクノスケは旅行大好き人間(最近は行けてない・・・)で
行けるんやったら、どこでもOK派やねん
旅行やったら寒いところでもエエで!(かなり身勝手)

そんなパクノスケが一番好きな地域は東南アジアかな
その中でも特に大好きなのがタイやわ
なんで好きかといわれたら困るねんけど、あの国のすべてが性に合うような気がするわ
タイ人ってなんかセカセカしないで、生きてる事自体に幸せを感じながら
人生を楽しんでるような気がして、向こうに行ったらいつもうらやましく思うで
まぁ結構エエ加減で困る事もあるけど(笑)、自分もおおらかになれるんよね~
パクノスケの夢はあと10年ぐらい先には、タイに移住する事やねん
ストレス社会の日本なんて、そのうちバイバイや~

前置きがかなり長くなったけど、今日はパクノスケが大好きなタイ関連のニュースやで
2006年9月のクーデターで首相の座を追われ、事実上亡命生活を送っていた
タクシン元首相が、28日(明後日)にも帰国するようやね

去年の12月に行われた総選挙でタクシン派の政党が勝利したから
帰国するのは間違いないと言われてたけど、タクシン派のサマック氏を首相とする
新政権が発足したんで早まったみたい
タクシン元首相はクーデターによる失脚後、中国やイギリスを転々としながらも
海外メディアを通じて発言を繰り返し、影響力を保持し続けてたもんな
不正やワイロで一族の私腹を肥やしたり、反対勢力を強行に封じ込めたり
メディアやマスコミの報道を規制したりと、いろいろ問題も多いけど
貧困地域の支援を拡大して、タイ経済をここまで急速に発展させたのは
間違いなくタクシン元首相の力やで!

帰国したら表立って活動する事はまずないと思うけど
これからの政局運営や外交経済政策に、多大な影響力を持つやろね・・・
軍部とか反タクシン派が、どのように動くかも今後の焦点やろな
それとプミポン国王の動向や発言も注目やね
タイって王室(国王)の存在は絶対やし
国王の発言一つでガラリと変わる事もあるからね~
ともかくまた政局が混乱するとか、クーデターが起こるような事は絶対避けてや!
大好きなタイのイメージが、これ以上悪くならんようにホンマ頼むわ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。