パクノスケが気になったニュースを ジャンルを問わず関西弁で書きまくり中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
      < 国際貨物運賃をめぐり 米司法省などが捜査

私事で申し訳ないねんけど、仕事の環境が変わったんで
ブログの更新頻度が今よりも落ちそうやねん・・・
エッ、パクノスケは何の仕事をしてるかって?
それは企業秘密(?)なんで、ちょっと言われへんわ
マァ自由業とでも言うとくわ(何のこっちゃ、抹茶に紅茶←吉本の古~いギャグ)
細々とでもこのブログは続けていくんで、これからもよろしく頼んます!

さて今日のニュースやけど、アメリカの司法省が国際貨物の航空運賃をめぐり
日本航空カルテルを結んでいたことを認めて、1億1000万ドル(約111億円)の
罰金の支払いに合意したと発表したようや

これはアメリカの司法省と欧州連合(EU)の欧州委員会が連携して
2006年の2月から世界の航空大手が、貨物料金でカルテルを結んでいた
疑いがあるとして、欧米各地で一斉に立ち入り調査を実施していた結果みたいやね
つまり航空会社大手間で、国際貨物運賃が一定水準になるように
操作をしていたのが、独占禁止法違反に触れるという事らしいわ
日本航空の他にも、エールフランス航空やルフトハンザドイツ航空
スカンジナビア航空などといった、世界に名だたる航空各社が
捜査対象になってたみたいや

すでにイギリスのブリティッシュ・エアウェイズと、韓国の大韓航空には3億ドル
オーストラリアのカンタス航空には6100万ドルの罰金が科せられていて
日本航空も「適用法令や事実関係などを総合的に勘案した結果、罰金の支払いに
応じるのが最善の策と判断した」とコメントしていて
素直に1億1000万ドルの罰金を支払うみたいやで
何とか国際航空貨物で利益を出そうと、カルテルに参画したばっかりに
結局1億1000万ドルもの罰金を払ってたら、何をしとったんや!っていう感じやわ

大手企業同士がカルテルを結んでいたっていう話は、ちょくちょく耳にするけど
中小企業にとっては、たまったものじゃないよな~
特に航空会社はこのところの原油高騰と競争激化により
どこの航空会社もかなり厳しい経営状況やと思うわ
(先日もアメリカのデルタ航空とノースウエスト航空が、合併する話があったもんな)
そやからというて、やっぱりカルテルを結んで価格操作をするような事はどうかと思うで
日本航空もこの件は、キッチリと反省してもらわんとな
 
スポンサーサイト
 
   < 英米監査法人 日本経済は2050年までに抜かれると予想

今日は暖かくエエ天気の日曜日やね
関西では絶好の花見日和になったみたい
どこいってもスゴイ人やろな~
パクノスケはこの間花見に行ったんで、今日は家に閉じこもって仕事がんばるわ!

さて今日のニュースは、監査法人の英米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)
というところが、2050年の世界の実質国内総生産(GDP)予想を公表したようや
それによると、新興国の躍進と日本の後退が鮮明になったみたい
日本人としては、ちょっと気になる結果やね・・・

PwCは昨今経済成長率が高い、中国、インド、ブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア
トルコの7カ国(E7)を中心に分析したところ、2007年のE7諸国全体のGDP
アメリカの約6割らしいねんけど、2050年にはアメリカの3倍を超えるらしいで!
E7諸国トップの中国は、2025年ごろにアメリカのGDPを追い抜き
2050年にはアメリカの1.3倍になるとの予想や
中国の経済成長率はホンマ恐ろしいわ

我が国日本はどうかというと、現在はアメリカGDPの32%を占めていて
世界2位らしいねんど(今でも世界2位っていうのも驚きやったわ)
2050年には19%までに下がって5位になってしまうみたい
このころトップに立っているのは大国中国、次いでアメリカ、インド、ブラジルの順で
日本は何とブラジルにも抜かれて、ロシア、メキシコ、インドネシアも
日本の足元まで迫ってくるみたいや・・・
日本経済がこの先どんどん衰退していくのが、如実に表れてるよね(なんか情けないわ)

GDPの伸び率を見ると、E7諸国が年6.4%増のハイペースなのに対して
日米など現在の主要7カ国は2%増ぐらいにとどまるみたいやし
先進諸国の衰退は、もはや時間の問題になってきたようやね
特に日本の落ち込みぶりは激しすぎるよな~
この先我々の祖国はどないなっていくんやろ・・・
 
        < 福田内閣支持率 過去最低を更新

昨日(3日)ワンコを連れて花見に行ってきたで!
嫁はんとワンコ乗せてドライブがてらに、神戸の裏六甲まで行ってんけど
まだやっと咲き始めたぐらいやって、ちょっと残念やったわ
神戸の市街地では、ほぼ満開の状態やのに
山ひとつ超えて郊外まで足を伸ばしたら、まだこれからという感じやね
ちょっと肌寒かったけど天気も良くて、エエ気分転換になったで
人間たまには生き抜きせんとアカンよね~

パクノスケは息抜きしてリフレッシュできたけど
したくてもできない状態なのが福田首相やろね(笑)
先日産経新聞社とFNNが合同で行った世論調査によると
福田内閣の支持率は23.8%で、前回調査(2月)より4.9%ダウンして
福田政権発足後、最低の支持率になったようや(あたりまえやけど)
政権維持の危険水域とされる20%も目前の状態やで
不支持率も前回より6.8%アップして、なんと59.0%!
国民のほぼ6割が支持していない状態になってるで、どうする福田首相・・・

3月末で期限切れになった道路特定財源の暫定税率については
「継続してもいいが、期間や税率を見直すべき」が58.1%でもっとも多く
「このまま廃止すべき」は29.4%
「復活して継続すべき」はわずか9.8%やったみたい
与党が道路特定財源の暫定税率維持のため
衆議院での再議決を検討してる事については
反対が50.6%と過半数で、賛成の31.4%を大きく上回ってるようや
やっぱり暫定税率の見直しを求める世論は、かなり強いみたいやね

こないだ福田首相が打ち出した道路特定財源の一般財源化は
63.9%と6割以上の国民が賛成(反対は21.9%)やから、これは支持されてるよな
ただ問題は福田首相が、ホンマに一般財源化できるだけの力があるかやねんけど・・・
なんせ何でも他人事のような受け答えしかせえへんからな~
(少なくともパクノスケにはそう見えるねん)

福田内閣の支持率がこんな状態やから、野党第1党の民主党支持率が
かなり上がってるかっていうたら、これがそうでもないねん(ほぼ横ばい状態)
やっぱり国民は、”もう既存政党ではアカン”って思ってるんやで
パクノスケもそう思うわ(福田首相も小沢代表も、どっちも好きになれん)
ここは思い切った政界再編をするべきとちゃうやろか
自民党も民主党もいっぺん解体すべきやで!(公明や共産は問題外)
今の日本国を立て直すには、相当な荒療治が絶対必要やと思うわ
 
 
     < 小型ジェット旅客機事業化 課題は受注先の獲得

昨日(28日)のセンバツ高校野球第3試合平安ー鹿児島工はエエ試合やったね
両校とも最後まで譲らず、延長15回引き分け再試合やもんな~
こういう熱戦を見てたら、パクノスケも熱くなってしもたわ
平安は関西勢やし、鹿児島工は亡くなった母親の故郷やし
明日の再試合は、どっちも応援したい気分やねん(ちょっとツライわ)
今日の第3試合は地元東洋大姫路の2戦目やから、さらに気合入れて応援せんとな
甲子園はスグ近くやのに、仕事とかでなかなか見にいかれへんわ・・・
何としても1日ぐらいは行きたいねんけど無理かも・・・

ちょっと落ち込んでしもたけど、気を取り直して今日のニュースはウレシイ話題や
いよいよ国産初の小型ジェット旅客機”MRJ”を、三菱重工が事業化すると発表したで
我が国初の国産旅客機”YS-11”以来、約40年ぶりの復活や!
待望の”日の丸ジェット”が誕生するのは2013年らしいけど、これからが正念場やろな

やっぱり問題はいかにこの”MRJ”を売り込んで
どれだけの受注先を獲得できるかやで
すでにANAが25機の購入を決めたんで、三菱重工も事業化決定に踏み切ったんやけど
JALや海外の航空会社は、まだ検討段階みたいやもんな
三菱重工の佃社長は「高い評価を得ている」として、1000機の受注を目指すそうや
最低でも採算ラインとされる350機程度の受注がないと、エライ事になりそうやで

なんせ”MRJ”の開発には、官民一体となって取り組んできた
国家的プロジェクトみたいなところがあるもんな
開発費約1500億円のうち約500億円は国が負担してるし
設計開発や販売を受け持つ新会社「三菱航空機」には、トヨタ自動車や三菱商事などが
出資するらしいから、まさに”オールジャパン”の推進体制といえるで
さらに航空機の部品や素材など、関連産業への経済波及効果は計り知れんやろから
”YS-11”の時のように、絶対海外販売で失敗するわけにはいかへんわ

そやけど”MRJ”が参入する小型ジェット機市場は
需要の拡大が予想され、かなりの激戦になりそうやわ
すでに小型ジェット機で実績のあるカナダのボンバルディア社とブラジルの
エンブラエル社に加え、中国やロシアのメーカーも新型機を開発して
受注獲得に積極的な活動をしてるみたいやし、厳しい競争になるやろね・・・
三菱重工は”MRJ”の燃費性能など、日本の高い技術力をアピールして
受注競争を勝ち抜く考えみたいやけど、なんせ国産機には長~いブランクがあるから
機体の維持管理体制の確立とかを、克服できるかがポイントやろな
国家の威信もかかってるようなもんやから、ぜひともガンバって欲しいわ!
 
 
        < 値下げ現実味に 買い控えや品切れを懸念

一昨日(22日)からセンバツ高校野球が始まったよね
前にも書いたけど、パクノスケの家から甲子園までは
20分ぐらいで行けるから、今回も見に行くつもりやねん
ホンマは明日地元の東洋大姫路が出るから行きたかってんけど
仕事の予定があるから無理そうやわ(残念)
順調に勝ち上がっていったら、3回戦か準々決勝は見に行けそうやから
パクノスケが応援に行くまでガンバッテや~

プロ野球もパリーグが開幕したし、野球ファンのパクノスケにとっては
待ちに待った球春の到来やけど、春本番を間近に控えて
”いったいどうなるねん?”って思ってしまう問題があるよね
それは何やいうたら、我々の生活に密着してるガソリン暫定税率問題やで
いまだに国会はゴタゴタしていて、このままやったら今月末で期限切れになりそうや

ということは、4月1日からガソリン価格が下がるかというたら
そんなに単純ではないようやで・・・
暫定税率分は1リットルあたり25円らしいけど、ガソリンに課せられている税金は
製油所から出荷された時点で課税される蔵出し税で、3月末までに仕入れた
ガソリンには暫定税率分が上乗せされてて
在庫が残っている間の値下げは難しいねんて
そやけどこんだけ4月になると、ガソリンが下がるらしいと世間で言われていたら
「なんや4月になっても下がってないやんけ!」って
かなりのクレームが出るんとちゃうかな
スタンドにとったら、たまったものやないよな

さらに値下げを見越して3月末の買い控えと、4月に入ってからの需要殺到が
深刻に懸念されてるみたいや
もし4月になって急激に増えるようなら
品切れや販売制限をするスタンドも出てくるやろな
石油元売業者もスタンドも消費者も、ただ混乱させられるだけのような気がするわ

それもこれも政府の無策が原因やで!
暫定税率が3月末で切れることなんか、とっくの昔にわかってるやろに
民主党も何してるんだか・・・
確かに暫定税率を廃止する事に、パクノスケは賛成やけど
いったん期限切れになっても衆議院では負けるんやから、スグに復活するんやろ?
今この時期にただ廃止する事だけを、強硬に主張するんが
ホンマに国民のためになるんやろかね
党利党略を押し通すだけが、政治やないと思うけどな~
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。